沖縄の女性こそ、脱毛サロン選びは慎重に行うべき!その理由とは【脱毛コラム・沖縄】

ショックを受ける女性

南国・沖縄に住む沖縄女子は、脱毛サロン選びを人生のお買い物レベルで慎重にするべきなんです!

「なぜそこまで?」と思う方、これを読むと意識が変わってくるかもしれませんよ。

ここではムダ毛に悩む沖縄女子、脱毛サロンを決めかねている方どちらも必見の情報をピックアップしています。

沖縄女子は毛に無関心!?

「みんな生えてるから!」「色が黒くて見えないから!」と処理をあまりしていない沖縄女子は案外多いもの。

たまに、道端を歩く小学生の女の子でもびっくりするくらい毛が濃い子とかを目撃します。

それくらい、沖縄女子は毛深い人率が高い!それゆえに、毛に対する意識も県外に比べて低いのかもしれません。

沖縄女子は毛との戦いが一生続く!

沖縄女子が何故毛深いか?それは生まれ持った血筋や、気候に原因があると言われています。

沖縄はもともと縄文人の血を濃く継いでおり、毛が濃く生えがち。また沖縄は亜熱帯地域にあって年中を通して温かく、日差しが強く照りつけます。

紫外線から身を守るため、毛が濃く生えるように進化してしまったと考えられるのです。

つまり、沖縄女子は生まれついてからずっと、濃い毛との戦いが続くのです!

濃い毛が生えると自己処理の頻度も増えます。セルフケアの場合はカミソリやシェーバー、除毛クリームなどです。

これらはすべて消耗品なので、週に4回ほど処理をした場合、1,2ヶ月の頻度で替え刃を購入したり、
除毛クリームを買いたさないといけない羽目に…。

カミソリの替え刃は1つ300円程度、除毛クリームは600~1,000円程度で購入できますが、
これが毎年続くと相当な額になるでしょう。

またセルフケアを誤ると肌トラブルのもととなり、スキンケアやコスメにもお金が発生します。

最悪の場合皮膚科の薬などを購入することにもなりかねません!

毛ひとつでここまで人生を左右される沖縄女子、涙ぐましいの一言です。

安いから」と選んだサロンでは、かえって損する!?

セルフケアでは出ていくお金は無尽蔵。ならば脱毛でお金をかけて、今後出ていく消耗品代をカットした方が面倒じゃないですよね。

でも、ここからが肝心なんです。

所得の低い沖縄では金額の安いサロンが人気です。
でも、安いからと選んでいると最終的に自分が損することになるかも!?

沖縄女子が生まれつき毛深いことはお話してきました。

だからこそ、全国規模で展開している大型サロンの脱毛スキルではカバーできない可能性があるのです!

もちろん沖縄というエリアに合わせてサロンスタッフも研修や教育を受けているかもしれませんが、マシンの性能やサービス内容はあくまでも県外・本社基準。

ある程度数を重ねても、毛質がツワモノ過ぎて満足いく結果にならなかった場合は追加で料金が発生することに!

それって、最初は安く始められてもコスパが悪いから意味がないんです。

だから、「安いから」「大手だから」と安易にサロン選びをしていては危険なのです。

損をせず、しっかり綺麗な肌になるためには効果、スタッフの対応もお墨付きのところを探しましょう!